平均・標準偏差を求めるSQL

  • 2016-5-16
  • 平均・標準偏差を求めるSQL はコメントを受け付けていません。

テーブル内の特定のカラムの平均・標準偏差を求めるSQLです。

【元テーブルデータ】
order
----------
uid,pid,quantity,amount
----------
1,1,1,1000
1,3,2,3000
3,5,1,2000

【SQL例】
以下のSQLで全注文の購入金額の平均・標準偏差を求めます。
select
avg(amount),
std(amount)
from order

以下のSQLでユーザー毎の総購入金額の平均・標準偏差を求めます。
select
avg(amount),
std(amount)
from
(
select
sum(amount) as amount
from order
group by uid
) as tmp

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る