MariaDB主要設定パラメータ項目~バッファからの書き込み

  • 2016-5-17
  • MariaDB主要設定パラメータ項目~バッファからの書き込み はコメントを受け付けていません。

▼バッファからの書き込み
バッファから後でハードディスクに書き込まなければならないページのことを特に「ダーティページ」と呼ぶ

■innodb_flush_neighbors
ダーティーページを書き込む際に、近接ページも同時に書き込む機能
SSDでは不要だが、HDDでは効果が見込める

■innodb_max_dirty_pages_pct
バッファプールのダーティーページが設定値以上のパーセンテージを超える場合に自動的にテーブルデータに書き込む

■innodb_adaptive_flushing_method
バッファプールのダーティーページをFlushする方法を設定する

■innodb_flush_method
データファイル、ログファイルの読み書き方式を指定する

■innodb_flush_log_at_trx_commit
ログバッファからディスクへの書き込みのタイミングを設定する
1:コミット後、即座にデータをディスクに同期書き込みをする
0:1秒サイクルでディスクに同期書き込みをする
2:innodb_flush_log_at_trx_timeoutで指定したサイクルでディスクに非同期書き込みをする

■innodb-doublewrite
ダブルライトバッファを有効にするかどうかを設定する

■innodb_adaptive_flushing
動的なFlushを行うかどうかを設定する

■innodb_adaptive_flushing_lwm
トランザクションログの容量が設定値以上のパーセントを超える場合に動的なFlushを行うかどうかを設定する

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る