MariaDB主要設定パラメータ項目~ログファイル

  • 2016-5-17
  • MariaDB主要設定パラメータ項目~ログファイル はコメントを受け付けていません。

▼ログファイル
■innodb_log_file_size
トランザクションログのファイルサイズを設定する
大きくした方がパフォーマンスが向上するが、クラッシュ時のリカバリに時間がかかるようになる

■innodb_log_files_in_group
トランザクションログのファイル数を設定する

■binlog_format
バイナリログのフォーマット

■binlog_cache_size
バイナリログに書き込むデータを一時保存するキャッシュサイズを設定する
バイナリログファイルへの出力はトランザクションがコミットされるまでバイナリログキャッシュに保留される
トランザクション情報がbinlog_cache_sizeを超えると、スレッドはトランザクション情報を保存するためにテンポラリテーブルを作成するので、大きなトランザクションを実行する場合にはこのパラメータを大きくするとテンポラリテーブルの作成を回避でき、パフォーマンスが向上する
スレッドバッファにあたる

■max_binlog_size
バイナリログのキャッシュの最大サイズ
スレッドバッファにあたる

■sync_binlog
バイナリログを同期書き込みするかどうかを設定する

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る